契約の更新

賃貸マンションで賃貸借契約は、基本的に一定期間が経過した段階でその契約が自然と切れるようになっています。 それから新しく契約を更新する場合には、契約の更新をきちんと行わなくてはいけません。 では、契約書に書かれている一定期間が経過する前に契約が打ち切られたときにはどのようになるのでしょうか。 契約の打ち切りが賃借人の意思によって行われた場合には、賃貸人に対して違約金を支払わなくてはいけません。 賃貸人は、決めた期間の間賃料を支払ってもらうことを期待しているため、その期待を裏切ったことに対する違約金を支払わないといけないのです。 この場合、違約金は契約書に書かれている金銭が相場になるため契約をする前にはきちんと確認しておくことが大切です。

賃貸借契約で違約金を支払わないようにするためには、当然決めた期間をきちんと守って契約を履行することが大切です。 しかし、もう一つ違約金を支払わなくても良い場合があるのです。 それは、契約に関する取り決めがきちんと契約書に書かれていなかった場合です。 賃貸マンションで契約をした場合には、その賃貸マンションに関する独自のルールが存在します。 しかし、そうしたルールに関して賃借人が認識できる程度の文言がきちんと書かれていない場合には賃借人の方から契約を破棄することが出来ます。 賃貸マンションに限らず賃貸借契約は、お互いの納得した同意があって初めて成立するものなのでそれがないときには契約を継続させることが出来ません。 そのため、この場合には違約金を一切支払わなくても良いのです。